モノが多すぎると掃除が出来ない

モノが溢れかえっているけど、掃除はきちんとしている。

そんな家庭は稀です。

基本的に掃除がきちんとしている家庭はモノも片付いていて、モノが溢れている家庭は掃除は行き届いていません。

掃除をするのにモノが邪魔になる

その理由は掃除をするのにモノが邪魔になってしまうからです。
掃除をしようと思ったら、モノを動かし避けてから、掃除をします。
モノが溢れている状態では、掃除自体が出来ずに、作業が滞ってしまいます。
またモノが溢れていたら、掃除をしようという気力もなくなってしまいます。
なので、綺麗な部屋にしたかったら、まずは必要がないものを処分する事からスタートさせましょう。
処分しても支障がないモノは実は意外と多いのです。

処分は不用品回収業者へ

処分は不用品回収業者へ依頼するといいでしょう。
粗大ごみとして処分をする場合は、まだ使える、勿体ないという気持ちになりやすいのです。
確かにまだ使える状態かもしれません。
しかし本来は購入する時点で、そのものは生活をする上で本当に必要なモノだったのか、もっと吟味しておく必要があったのです。
欲しいという欲求だけで購入し、購入した事に満足して、ほとんど使用しない。
そんな人も少なくないでしょう。
ただ不用品の場合は、自分ではもう使わなくても、他にそれが必要な誰かの手元に届くと思ったら処分する罪悪感が少し減りますよね。
また粗大ごみの回収なら処分するのにお金がかかり、不用品回収から買取という形でお金がもらえる。
この差も大きいと言えるでしょう。